出品解除で実際に使った仕入れサイトの情報を暴露します!

こんにちは、宗二郎です。

アマゾンに出品権限を付与させる
方法について詳しく解説しました!

仕入前に出品できるかを確認したのにもかかわらずせっかく仕入れた商品を、いざアマゾンに出品してみたら出品不可の場合って結構あって、それだけアマゾンの出品規制は日々変化してるってことです。

じゃあ、そのような商品は一体どうやって処理しようかって話になるわけですが。

  • メルカリ等のフリマもしくはヤフオクで出品する。
  • メーカーや卸サイトから仕入れて、請求書をアマゾンに提出する

この二つの方法が代表的ですが、今回私は卸から仕入れて請求書をアマゾンに提出してみました。そのやり方を順を追って説明してみます^^

アマゾンで出品できるかを確認する方法

アマゾン出品規制確認

仕入れたが出品登録できなくてどうしようかと悩む羽目にならないように、初めて仕入れる場合は事前にアマゾンで出品できるかどうかの確認をしましょう!やり方としては、二通りあります。

一つ目は、デルタやモノレートから出品制限をクリックしてアマゾンの商品登録ページに飛ぶ方法と、二つ目は直接セラーセントラルから商品を登録するやり方です。

デルタから出品制限を確認する

デルタトレーサーを開いて確認したい商品のASINかJANを検索します。

デルタトレーサー

クリックでアマゾンの商品登録ページに飛びます。

アマゾン商品登録

出品許可を申請で納品不可となります。出品できる場合は同じ場所にこの商品を出品すると出ます。

モノレートから出品制限を確認する

モノレートを開いて確認したい商品のASINかJANを検索します。

モノレート出品制限

出品制限をクリックすれば、あとはデルタと同じ作業になります。

アマゾンの商品登録から直接確認

サレーセントラルから在庫→商品登録と進みあとはデルタやモノレートからと同じ作業になります。

おもちゃのサブカテゴリー、ラジコンの出品解除申請のやり方

仕入れができる卸サイトの調べ方

今回、私は仕入れたものの、アマゾンに出品できない商品の出品解除に挑むために最初にやったことはネットで「おもちゃ・仕入れ」で検索してみて。そして、上から順番にお目当ての商品の在庫があるかどうか調べていき、さらにデルタで価格差の確認をしていきました。

お目当ての商品に価格差がない場合も出品制限解除のためには多少の赤字は目をつぶります、アマゾンで出品申請をするには仕入れ個数10個以上の請求書が必要なので、全体で1万円の赤字、1個につき1,000円までなら目をつぶっていいかなって感じです。


仕入金額と請求書の形式を確認する

規制解除に使える商品を見つけることができたら、まずは仕入金額の確認を行うのですが、ほとんどのネット卸は登録しないと仕入れ金額の確認ができません。その場合は新規登録後に仕入金額の確認をします。

こちらのサイトは、総合卸で食品から電化製品までかなりの商品を扱っています

アマゾンに提出する請求書の形式は、出品者の名前と住所及び卸業者の名前と住所が含まれてい負ければなりません。事前に問い合わせなどから確認しておきます。

アマゾンで商品登録をします

ここからは、出品制限の確認のつづきになります、

「商品の購入に対してメーカーまたは卸業者が発行した請求書1通以上」の左の〇をクリックすると提出する必要書類の条件が書いています。6つあるので事項でひとつづつ説明していきます。

出品解除の必要書類6つの条件

申請日から起算して180日以内の日付の記載がある請求書(領収書や納品書はNG)が必要です。

たとえば12月31日に提出する場合は、逆算して7月5日以降に仕入れた商品の請求書が必要です。

請求書に出品者の名前と住所の記載が必要です。

これは、事前に卸業者に確認して確かめます。例えば画像のように住所の記載がない場合は不通過になる可能性が高いです。

請求書には卸業者の名前と住所が記載されていなければなりません。

これはこのままですね^^例えばこんな感じ。

 

最低10品以上仕入れた請求書の提出が必要

これも同じですね、上記の画像のように10品以上の仕入が必要ですが、1度に仕入れなくて数回に分けて仕入れても、合計が10品以上なら大丈夫です。

価格情報を隠した請求書を提出する

これも上記の画像のように、金額を付箋で隠した画像を提出します。

請求書に記載された卸業者に対して、アマゾンが確認することがある。

これはどうなんでしょう?卸業者にも顧客に対する守秘義務があるでしょうから、事件性がない限り開示することはないと思いますが。いずれにしろ画像加工などでアマゾンを欺くようなことはやめといたほうが良いでしょうね^^

これは補足ですが、用意するパッケージ画像は、すべての面の、例えば立方体(四角形)の箱なら6面の撮影が必要で、併せてメーカーの名前と住所が必ず記載されていなければなりません。

画像を全部用意出来たら、zipファイルにまとめてアップロードが可能ですから、下の画像のようになります。真ん中がzipファイルですね^^こちらのやり方を記事にまとめてみました。→こちら

 

アマゾンの商品登録から申請します

申請する画像に不備がないことの確認が出来たら申請します。

申請が通ったらアマゾンからメールで連絡が来ます。

 

実際に使った仕入れサイトの情報を暴露します!

私が実際に使った、卸サイトから仕入れた商品でサブカテゴリーの出品申請のやり方をまとめたPDFをプレゼントします。ご希望の方はメルマガ登録後に「実際に使った仕入れサイトの情報希望」とメールでお伝えください。

メルマガ登録はこちら

もしくは、私のTwitterをフォロー後にDMから、「実際に使った仕入れサイトの情報希望」とい伝えください。

Twitterはコチラ

 

 

宗二朗でした!

 

 お問合せフォーム

【50歳以上限定】年金+副収入で稼ぐメルマガ

コメントを残す