チョット待て!仕入れるまえの要確認、3秒で済むアマゾンさんにお伺い!

こんにちは、ソージローです。

 

 

 

アマゾンでものを売るためには、その商品の出品許可が必用です。

 

たとえばで言うとアップル製品

 

「Apple iPod nano 16GB 第7世代」

iPod の最新式です。

 

 

 

 

 

はい!ぼくは出品出来ません!

あなたはできますかね~

 

 

 

これがひとつ前の第5世代だったらどうでしょう?

 

 

 

 

 

はい!出品可能でした。

 

このように、同じアップル製品でも

販売時期などで出品できるのとできないのがありますね^^

 

 

 

出品許可の確認の前に、利益計算をしよう

 

 

11月になるとアマゾンでも冬物の商品の需要が高まります。

 

当然ながらメルカリリサーチも冬物の商品が売れる!

 

ということで、メルカリでリサーチしてみましょう^^

 

 

キーワードは考えて・・・

とりあえず電気毛布で・・・・

人気どころで、パナソニックで行きましょう^^

 

 

 

 

 

金額は、2000~7000円程度で、

もちろん新品未使用で行くんですが、メルカリ出品者は新品でも

1度人手に渡ったと言うことで中古で出品したりする人がいます。

 

なので「未使用に近い」も入れます。

 

すると、メルカリの検索窓の下の表示がこんな風になります。

 

 

 

 

 

で、検索したら

一瞬で売れてしまいましたが、こんな商品がありました

 

 

 

 

 

 

型番が「DB-UM3LS-C」なのでコピペしてモノレートで検索

 

 

もちろん季節商品なので、昨年の冬の売れ方を見るために、モノレートの期間は12ヶ月で見ます。

 

 

 

 

 

 

今は、まだ売れてませんが12月ぐらいから売れ始めて

けっこうなジグザグで売れていることがわかり

 

金額は、だいたい8000~10000円ぐらいで売れていますね^^

 

 

仕入れ基準としての、ざっとした計算は販売金額に0.7をかけて計算します。

 

 

さいてい、8000円で売れるとして、8000×0.7=5600円

 

 

つまり、この商品は5600円以下で仕入れることができれば利益が出ると言うことで

その場合、だいたい新品で15%の利益が見込めますから

4000円で仕入れれば、20%以上の利益です^^

 

 

 

さあ、それでは

この商品が、アマゾンで出品可能なのかどうか調べていきましょう。

 

 

 

アマゾン出品制限の確認法は?

 

 

 

モノレートの現在の最安値の下に「出品制限」という文字がありますから

ココをクリックすると簡単にセラーセントラルの「商品登録」の画面に飛べます。

 

 

 

 

 

 

 

こんな風に、「出品する」という文字がでればアマゾンで出品して販売可能と言うことです。

 

 

これで安心して仕入れることが可能になります。

 

 

 

 

 

 

逆に、出品出来ない場合はこうなります。

 

 

 

 

 

この表示の場合は、メーカーや卸から仕入れたことを証明する

請求書の用意ができれば出品許可が下ります。

 

 

 

 

 

 

 

この場合は、以下の所、手も足も出ませんね。

そのうちアマゾンの規約が変わり出品出来るようになったりすることや

アカウントの健全性を維持して、アマゾンからの評価が上がることで

出品出来るようになることもあるようです。

 

 

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

こんな風にいざ仕入れてみたものの

出品出来ない羽目になり途方に暮れてしまうということも

けっこうあったりします。

 

 

でも、決してあわてなくて大丈夫です。

 

だって、その仕入れた商品は、アマゾンで販売して

利益が出るくらい安く仕入れた商品なんですから

 

また、メルカリやヤフオクなんかで販売しちゃいましょう!

 

そんなに赤字になることは少なく

利益が出ることもけっこうあります。

 

 

もう随分と前ですが、これメルカリで仕入れちゃいました。

コンディション的に新品で出品できると考えての仕入れになります。

 

 

 

 

 

 

この商品は、学習玩具といって

いつのまにか出品出来るようになりましたが

当時は出品申請さえ受け付けていませんでした。

 

 

 

 

 

 

当時のアマゾンでの販売価格は、50000円を超えていて

見込み利益は、30000円ほどでしたね^^

 

 

 

 

 

 

もう、販売履歴は残ってないんですが

旧フリルでサクッと25000円ほどで売った記憶があります。

 

7000円ほど儲かったでしょうかね^^

 

 

 

 

まあ、このように上手くいくことは

そんなにはないですが、そんなに損をすることも無いでしょう

 

それよりも仕入れを躊躇することで

販売のチャンスを逃して利益を上げられないことのほうが問題です。

 

 

ビジネス用語では

 

機会損失 といいます。

 

 

何かをすることで失った損失ではなく

何かをしないことで失った損失のことです。

 

 

ビジネスを行なう上で、この機会損失という考え方は大事なことでしょう!

 

 

 

ソージロー

【50歳以上限定】年金+副収入で稼ぐメルマガ

コメントを残す